2014.08.19 (Tue)

保育内容

保育について


  • 乳児保育
    P1030264111.jpg
     子どもの心身の成長・発達は一人ひとり大きく異なります。
    乳児期の子ども達は特定の大人によって生命を守られ、愛されることで愛着関係を結び、
    よりよい人間関係を築く土台が育ちます。
     当園では個人差・発達段階を十分考慮しながら、生活リズムを大切にし、家庭的な雰囲気の中で
    子ども達の欲求を満たし、情緒の安定を第一に、きめ細やかな保育を実施しています。

  • 幼児保育
    CIMG115812.jpg
     子ども達一人ひとりの個性・性格を知り、温かく肯定的に受容することで、
    子どもが安心して過ごせるようにします。
    主体的・意欲的に生活や遊びをすすめていけるような環境を構成し、
    幼児期に相応しい様々な実体験を通して社会性や表現力を身につけていけるような
    保育を実施します。
     また、異年齢・異年齢とさまざまな関わりを持つことで自分や自分の周りの
    異なる人のあるがままの姿を自然に受け入れたり、人と関わる力・自分を
    表現する力を育てていきます。

    異年齢保育について


    19111.jpg
     同年齢だけでなく、いろいろな年齢の友と生活や遊びを共にすることで、
    豊かな人間関係を築き、自分を表現する力を育てていくために、さまざまな形態での保育をしていきます。

    • 3、4歳児混合チーム(いちご、めろん、ばなな、ぶどう)編成
    • らんらんきょうだいチー(3、4、5歳児)の異年齢編成
    • 乳児のつどい(乳児同士での交流の場)
    • 年長児の小さいクラスへのお手伝い活動……等

    発達支援保育について

    CIMG1498111.jpg
     発達に遅れやばらつきがあり支援保育を必要とする子どもも、
    共に生き、共に育ち合う大切な仲間として保育園生活が楽しめるよう
    配慮した保育を実践しています。専門的な関係諸機関と連携を図りながら、
    保護者と共に子どもの育ちを支えていきます。
         

    給食について

    IMG_656911.jpg
    食は育ちの柱です!

    • 0~2歳児は、完全給食。3歳以上児は主食(白ごはんに限る。ふりかけ、おにぎり不可)を持参してください。遠足や特別保育などおべんとうをお願いすることもあります。
    • 献立は前月末に配布しますのでよく目を通してください。また、保育園の行事などに合わせた
      行事食などメニューの変更の場合は、その都度お知らせします。
    • 毎月の献立と共に「くいしんぼ」という食育だよりも配布します。人気の給食メニューのレシピやその時期に応じた食に関する情報をお伝えします。
    • 年齢に応じて一緒に配膳し、食事をする中で正しい咀嚼の仕方や、
      スプーン・箸の使い方やマナーなどを学びます。清潔への配慮も自然と身につきます。
    • 園の主な食器は、安全でぬくもりのある高強度磁器を使用し、食器や食具(スプーン)は子どもの手指の
      育ちに応じて扱いやすいものを数種類そろえています。
    • アレルギー体質等でお医者さんより指示を受けて食べられない食品がある場合はご相談ください。
      ※園指定のアレルギー診断書があります。医師の指示による除去食に対応していきます。
    • 添加物をできるだけ使わず、天然の素材でだしを取り、薄味で素材の旨味を生かし、
      本来の味を伝えています。    
    • 幼児は野菜の栽培やクッキング、給食の栄養しらべなど、給食スタッフ(栄養士・調理員)との
      関わりなどを通して、食への関心を高める食育活動を行っています。
    • 毎日の給食とおやつを玄関のガラスケースに展示していますのでお迎えの際にご覧ください。
      但し、離乳食の展示は年度初めのみとします。(時間=15:00~18:30の間)
    • 「給食試食会」を実施して、実際に子ども達が食べている給食の味付け等を体験していただきます。
      毎月、栄養士が子ども達の喫食状況を見回ったり、保育士や保護者からの子どもの食についての悩み、
      質問にも対応していきます。

    子育て支援事業について

    IMG_663511.jpg
    「地域子育て支援事業」として未就園児の親子を対象に次の取組を行っています。

    • 園庭開放(毎月第2水曜日午前10時~11時30分)4月は第4水曜日に変更、8月はお休みです。
      詳しくはHPをご覧になるか、保育園にお尋ねください。
    • 未就園児を対象に焼き芋パーティー等の保育園体験
    • 子育て相談

       

    一時預かり事業について


    次の要件に該当する児童に対するための特別保育事業です。

    • 保護者の就労形態により、育児が継続的に困難になり、一時的に保育が必要となる児童
    • 保護者の疾病・入院により、一時的に保育が必要となる児童
    • 私的な理由やその他事由により、一時的に保育が必要となる児童
      ※対象児童の年齢は、満1歳~就学前の児童です。
  • 00:51  |  園について  |  EDIT  |  Top↑
     | HOME |